ログイン

企業識別文字列を入力してください。

お忘れの場合は【管理者】にお問い合わせください。
弊社からはお伝えできませんので、予めご了承ください。

News&C-Room

   


B-Room(ブルーム)にまつわる
News(ニュース)とColumn(コラム)です。

コラム

2020.04.10

今こそ始める!テレワーク・在宅ワーク入門

テレワークは『ウチにはムリ!』と諦めていませんか?

昨今、働き方改革や新型肺炎の影響でよく聞くようになったテレワーク。
特にコロナウイルスの影響は凄まじく、東京など7都県で緊急事態宣言は発令されています。
また、各地で外出自粛の呼びかけも増えてきています。

必要性自体は感じつつも、
『遠隔で仕事する? そんなのは今までのやり方とそぐわない。』
『リモートワークの仕組みはお金かかりそうだし従来のままでいいや。』
なんて思っていませんか?

業種にもよりますが、ツールさえ整えればシステム面のテレワークは簡単なのです。
そして終わりが見えてこないコロナ禍に備えて今からでも準備しましよう。

そもそもテレワーク(Telework)とは。

Tele=遠隔 Work=働くを組み合わせた造語です。
場所や時間を問わずに業務に取り組む働き方を示しています。
テレワークは大きなくくりですが、大きく3つのカタチがあります。

●サテライトオフィス方式:本社や大規模なオフィス以外に小規模オフィスを設けて業務を分散させるカタチ
●在宅勤務方式:その名の通り従業員が自宅で仕事をするカタチ
●リモートワーク方式:ノートPC等、持ち運び可能な機器を用いて、オフィスや自宅に縛られずに仕事をするカタチ

いずれもインターネットの普及があるからこそ進んできた考え方ですね。

せめて通勤時間が有意義に使えれば良いのですが…
車の運転だったり満員電車に揺られたりで、有効に使うのが難しいですよね。
時間的コストにしかなっていない現状が多くあります。
そして人混みに行くこともリスクになる懸念もあります。

テレワークを始めるには何を整えればいいの?

サテライトオフィスは、従来のオフィスを小規模にしたものなので割愛します。
リモートワーク・在宅ワークに絞ってお知らせします。

・インターネット環境
当然ながら、インターネットなしでテレワークというのは現実的では有りません。
リモートワークの場合はモバイルルーターなどで対応。
在宅勤務の場合は、個々人の契約しているインターネット回線を利用しましょう。
コストも抑えられて一番手早い方法です。

・社内でのコミュニケーションツール
離れた場所にいる以上、対面で話す代わりにコミュニケーションを取るツールが必要です。
社内コミュニケーションツールとしてSlackなどが有名です。
他にも様々な機能を持ったツールがありますので社内の実態に合わせてご検討ください。

・対外的なコミュニケーション方法
業務用のメールアドレスをPCに登録しておけばメールはいつも通り送れます。
電話番号も個々人のスマートフォンにアプリを入れて会社の番号を付与するサービスも有るようです。
電話応対がネックでテレワークが進まない担当者の方には朗報ですね。

さて、社外のお客様との折衝…まだ訪問しますか?

社内でのオンラインMTGは
『このアプリを入れましょうね!』
という約束の元で、皆が同じものをインストールすればOKです。

例えばスマートフォンのLINEは、各々がインストールしている必要があります。
しかし、スマホユーザーの大多数が既に使っています。
だから負担を感じずに多くの仲間とのコミュニケーションが成立するのです。

でも、ビジネスシーンで社外の方とのやり取りとなると、こうは行きませんよね。
PC回りのセキュリティが厳しいこの時代に、
「お客様、今度うちの商品を提案したいのですが、このソフトのインストールお願いできませんか?」
こう言える場面はなかなかないと思います。

そんなときがまさに【B-Room】のようなオンライン商談システムの出番です。
きょうび、PCには確実に入っている
“インターネットブラウザ”で、オンライン上で対面通信ができるのです。
【B-Room】はオフィスだけでなく、自宅や出先など場所を問わずアクセスできます。
しかも社外の方に専用ソフトのインストールを頼むこともなく対面での商談が可能です。

しかも、資料を大写しで見せられたり、音声議事録がついていたり。
提案側に嬉しい商談システムならではの強みが多数ございます。
スマートフォンやタブレットでの接続もプリインストールのブラウザで可能です。
相手方もテレワークで設備が揃わなくてもお話できます。

コロナウイルスの騒動によって、
・感染症対策で訪問営業含めて移動を控える動き
・来客を抑制する動き
が増えてきているようで、急いで導入したいとのご相談も増えてきています。
営業・提案活動の手は緩めたくない企業様からもご好評をいただいております。

提案を受ける側の心境にも変化があるようです。
オンライン商談に抵抗を示していた方が快く受け入れてくれたお声も寄せられています。
使ってみたら快適で、オンライン商談のファンになってしまうこともあるとか。

«オンライン商談早期導入応援キャンペーン»
通常はお申込みから2営業日での利用開始でございます。
しかし、この記事をご覧になった旨をお知らせいただいた方限定!
最短で即日利用開始の手続きをいたします!

B-Roomのご紹介はオンラインで行います。
リモートワーク実践中の企業様も、訪問を控えてほしい企業様も安心です。 
まずはお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちらから。
https://www.broom-online.jp/form/

  • 企画・開発・販売

    Bloom Actコーポレートサイトへ

    営業時間 9:30 ~ 18:00
    月~金(祝日除く)
  • 株式会社Bloom Actについて

    10年以上HR業界に身を置き、深刻な採用難と、新たな雇用創出や生産性向上の必要性を痛感したメンバーを中心に立ち上げました。この「B-Room」で、1人でも多くの人が、自分の能力を100%発揮し生き生きと働けることを心から願っています。

  • 会社概要
    代表者 代表取締役社長 髙野峻
    事業内容 オンライン商談ルーム「B-Room」の企画・開発・販売・保守・運営・コンサルティング
    資本金 50,000,000円
    オフィス つくば本社、東京、横浜